イスタンブールのマンション(シテ)

イスタンブールのマンションに住んでいましたが、

日本と比べて不便だったのは、エレベーターの内扉がなかったことです。

このようなエレベーターは初めて見たので衝撃でした。

入り口に門番がいるような高級住宅街のマンションです。

 

エレベーターの中に入ると外側のドアだけがしまります。

中の箱には、入り口がないので、動いている間は

本来ドアがあるべき部分は穴があいているので、

建物側の壁が移動している状態です。

 

当時子供が1才だったので、その壁に指を触れたら大変なことになるので

必ずエレベーターに乗せたら一番奥に行き、

子どもは入り口が見えないように、奥の壁側を向かせていました。

 

イスタンブールでは室内で靴を脱がない人もいます。

我が家の上の方は外履きで室内でも生活されていたようなので、

家の天井から、ヒールの音がよく聞こえていました。

日中は働いている人だったので、音はしませんでしたが、

夜帰宅してから、カツカツと響いたいたので、

子どもが寝た後は、とても気になりました。今は日本で注文住宅のマイホームを建てたので満足ですが。